食事の工夫で花粉症対策

花粉症の症状は突如としてやってくることも珍しくなく、これまでは全く無縁だったのに急に今シーズンから鼻のムズムズや涙が止まらなくなったというケースもありますが、寒い冬を超えて春時期になると発症する人が増加します。
花粉症対策を考える上で物理的に花粉から身を守ることができるマスクやメガネの着用は屋外での活動では必須となってきますが、外からの影響を低減することだけでなく体質の改善を促すということも大切なポイントで食生活の改善に関しても花粉症対策を考える上で重要なポイントになってきます。
花粉症対策が食生活と関連しているのは食生活の乱れが現代人の花粉症発症率を促していることからも分かりますが、食生活が乱れることによって腸内環境が悪化してそこから自律神経の働きを悪化させることがあります。
花粉症という症状は一般的に免疫機能が正常に動かないことによって起こる症状となっているので、食生活を改善して免疫を向上させることは対策を考える上で重要なポイントになりますが、バランスのとれた食事をするというのが大切です。
また、腸内細菌のバランスも花粉症の発症と密な関係性があると言われていて腸内で悪さを働く悪玉菌という腸内細菌が増えてくると花粉症の発症リスクを高めると言われています。
悪玉菌は脂質など物質を好む傾向にあるので、極力油が多い食事や肉の摂取を避けて野菜や海草類などビタミンが多い食材を積極的に摂取するようにしましょう。

コメントを残す

Allowed Tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>